学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

学校長挨拶

ご挨拶

この4月より校長となりました立上良典と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

建学の精神・教育方針

私は、昨年4月より鶴学園に勤務しておりますが、私学ならではの教育のすばらしさを実感しています。それは、建学の精神「教育は愛なり」、教育方針「常に神と共に歩み社会に奉仕する」をすべての学園関係者の皆さんが共有していることによるものです。

高大接続改革

さて、現在、我が国では、高等学校教育・大学教育・大学入学者選抜を一体的に改革し「学力の3要素」をしっかり身に付けさせることを目指して「高大接続改革」が進められています。この改革の一環としてセンター試験に代わる「新テスト」が導入されるのが平成32年度であり、それに該当するのが平成29年4月現在の中学校3年生です。

なぎさの教育

このような大きな改革の最中にあって、本校は、従来から4つの教育目標、つまり「21世紀型高学力の養成」、「国際性の涵養」、「創造力の錬磨」、「人間力の育成」を掲げて毎年の改良を加えながら教育内容を発展させてきました。「高大接続改革」に対応した教育を、すでに本校は早くから行ってきました。このような「なぎさの教育」を継承し一層充実させていくことが本校としての大きな務めであると考えています。そのことが、なぎさで学んだ生徒の皆さんが、自分らしい進路を切り拓き、充実した人生に向かって飛躍していくことにつながるものと確信しています。

クラブ

↑ページの先頭へ