学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

交換留学

ニュージーランド:パサデナ交換留学(2年生)平成8年~

イメージ

毎年約15~20名の生徒がホームステイをしながらお互いの学校で約2週間生活を共にします。身体全体でコミュニケーションしながらの異文化体験は、生徒の視野を大きく広げます。

新緑の5月に約2週間の日程で、南半球の国ニュージーランドのパサデナ中学校から、交換留学生がやってきます。留学生たちは、期間中ずっと生徒の家庭にホームステイし、午前中は本校生徒と共に授業を体験、華道や書道などの日本文化講座にもチャレンジします。午後は、本校生徒の案内で平和公園や宮島などを訪問します。7月には、ホストファミリーになった本校生徒がパサデナ中学を訪問。生徒の家にホームステイをし、英語漬けの生活に戸惑いながらも、楽しく貴重な経験をして帰国します。

パサデナ中学校紹介

Pasadena Intermediate School は、ニュージーランド最大の都市オークランドにあり、Year7とYear8(11~13歳)の2学年からなる公立学校です。日本とは学校制度が異なり、学年を異にする生徒が1つのクラスに混在して授業を受けています。考える力や行動力を養うプログラムが、ドラマや異文化といった多様な授業に組み込まれており、多民族の生徒たち一人ひとりの個性や能力を伸ばすことが重視されています。

タイ:サティカセ交換留学(3年生)平成28年~

イメージ

約4名の生徒がホームステイをしながら、お互いの学校で約2週間生活を共にします。自国の歴史・文化・伝統を大切にしながらも、異文化との交流を積極的に図り、経済成長を遂げているタイでの体験は、日本と欧米、アジアの関係や、日本の歴史・文化・伝統を見つめ直すよい機会となっています。そのプログラムは本校生徒が夏休みにタイのカセサート大学附属学校(通称:サティカセ)を訪問し、熱烈な歓迎と手厚いおもてなしを受けながら、生徒たちとの交流を深め、タイの歴史・伝統・文化を肌で感じます。そして、9月にサティカセの生徒と先生方をお迎えし、平和都市ヒロシマの生活、世界遺産宮島の訪問などを通して、平和についての認識を深め、日本の歴史・伝統・文化を感じてもらい、日本とタイの生徒同士の友好を深めています。

クラブ

↑ページの先頭へ