学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

体育

体に「学び」を  体から「学び」を

他の教科でいう「学び」と「勉強」概念は、体育であればなおのこと顕著に具現化します。様々な運動や競技に取り組む体育の授業は何よりも「学び」の場、体に「学び」をもたらす場です。授業の中で走り込みや筋トレといったいわゆるトレーニング(=勉強)ばかりを重ねることはありません。

1年生オリゼミ(NAP:なぎさプロジェクトアドベンチャー)

イメージ

NAP(なぎさプロジェクトアドベンチャー)は、体を通したコミュニケーションであり、本校が掲げる5つの人間力「間」「体」「悩」「胆」「愛」力の全てが要求されるとともに、そこで共有される空気が、打ち解ける仲間作りのツールです。

体育祭

なぎさの縄跳び

イメージ

1年生は大縄跳び、4年生は単縄での集団演技、5年生はダブルダッチと大縄を組み合わせた自由演技と学年を追うごとにそのレベルは上がります。5年生演技では毎年のように新しい技がうまれ、観客を魅了しています。

集団演技・集団行動・組み体操

イメージ

2年生男子は体の使い方を学ぶための組み体操(組み立て体操は行いません)、3年生男子は「間力」を学ぶ集団行動、女子は2.3年生合同でひとつのダンスを作り上げます。

紅白対抗・応援団

イメージ

6ヵ年の縦割りの紅白対抗で競います。誕生月で、中学入学から高校卒業まで紅白が変わることはありません。応援団は、前年度末から高校3年生の幹部が企画を練り、組織化しています。後輩は、そうした先輩たちの背中を見て成長していきます。

夜間歩行(4年生)

イメージ

10月の秋休み、広島県尾道市生口島から愛媛県今治市までの波静かな瀬戸内・しまなみ海道44kmを夜間歩行します。クラスメイトと徹夜で歩ききったゴールでは朝日が昇る中、静寂の感動で包まれます。

マラソン大会

イメージ

日本三景の一つ「安芸の宮島」で開催しています。瀬戸内海の穏やかな景色を眺めながら走るもよし、歴代記録を目指すもよし、それぞれの想いで宮島を走りぬけます。

クラブ

↑ページの先頭へ