学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

卒業生の今

未来を創る、未来に生きる。
~卒業生の今~

五感をひらく ― 考えることが当たり前になる

イメージ

Q.小学校時代のことを教えてください。

イメージ

佃 啓介 さん

慶應義塾大学

法学部

法律学科 2年

興味のあることには、我を忘れて夢中になる子どもでした。小学校時代は先生方にご迷惑をおかけしたと思いますが、先生方には温かく見守って頂きました。

なぎさ公園小学校では、自分で動いて何かを創る、何かを見つけるという毎日でした。創ったり発見したりしたことは、しゃべりたい、見てほしいという気持ちで何かしらプレゼンテーションしていたような気がします。自分で何かをする、自分で考えて行動を起こすということが当たり前の学校でした。

Q.大学生活はいかがですか。

勉強と体育会(バドミントン)とアルバイトの日々で、毎日夢中で過ごしています。勉強はもちろん主ですが、それだけではなくさまざまな経験を積みたいと考えています。

Q.それでは遊ぶ暇もないのではないですか。

そうですね。遊びに行く時間はほとんどないです。けれど三つとも頑張りたいと思っています。アルバイトも社会の裏側からの視点で、さまざまなことを学ぶことができるので、社会人としての基礎(周りに気を配る等)を身に着けたいと思っています。経験と知識のバランスが必要だと考えています。

Q.将来の夢は何ですか。

「労働法を実施する法律家になる」という目標をもって入学したのですが、いろいろと思うところがあり、今さまざまな学びの中で考え中です。社会に貢献できる人間になりたいと思っています。

Q.小学校の後輩たちに、メッセージをお願いします。

一生懸命に日々を過ごしてほしいと思います。一生懸命やるから、いろいろなことを感じることができます。小学校では感性を伸ばす、「五感をひらく」ということを中心にプログラムが組み立てられています。その中で一生懸命に日々を過ごすことで、考えることのできる人になっていくのではと思っています。なぎさ公園小学校でなければ今の自分はなかったと思うので、いつまでも僕の好きななぎさ公園小学校であってほしいと願っています。

価値観の形成

イメージ

玉木 友貴 さん

ICU(国際基督教大学)

教養学部

アーツ・サイエンス学科 2年

大学では「平和」をテーマとして学んでいこうと考えています。 専攻の決定は3年次なので、今はさまざまな視点を学び中です。ICU高大連携プロジェクト・Heiwa Linkで広島なぎさ中学校・高等学校との連携活動にも参加しています。

小学校時代に「にんげん」の授業で校長先生の薫陶を受け、人間の根本的なあり方といった部分を学んだ気がします。

芝生のグラウンドを駆け回り、ビオトープで遊ぶ。自然に触れながら、多様なプログラムの中で育ったことが、平和を希求し、人としてあるべき姿で心豊かに生きるという価値観につながっています。

自分らしさの原点

イメージ

岡野 佑亮 さん

東京大学

工学部

社会基礎学科 4年

小学校時代は、興味や関心のあることに夢中で取り組んでいました。気になることはとことん知りたくて、集中して本を読んだり、何かを創ったりするような子どもでした。それを後押ししてくれる環境があったので、毎日が本当に楽しかった。

この春、ゼミでベトナムの地下鉄工事を見に行きました。まだまだ建設途中といった感じで、これからが楽しみでした。

来年大学院へ進むことを決めていますが、小学校時代に自分がもっていた純粋な好奇心や夢中で学ぶことの楽しさへ原点回帰して勉強しようと考えています。

教室はまちがうところ

イメージ

木村 瑠菜 さん

東京藝術大学

音楽学部 器楽科

ヴァイオリン専攻 3年

小学校の教室に掲げられていた「教室はまちがうところ」。失敗しても一度も先生方に怒られた記憶がありません。失敗を恐れない気持ちで物事に臨むことができるようになったのは、この小学校時代があったからです。

毎日が音楽にあふれ、大好きなビオトープで好奇心旺盛に遊んでいた小学校時代。さまざまな経験や体験が表現力の引き出しを多くしてくれたと思います。

夢は、人に寄り添える演奏家になることです。音楽を通して、同じ時間を会場のみなさまと共有できるような演奏を目指しています。

想いが夢に

イメージ

山手 敦史 さん

愛媛大学

医学部 4年

将来、医者としてよい仕事をするために、勉強に加えてさまざまな事に取り組んでいます。もちろん、柔道も続けています。

なぎさ公園小学校では、「自分の好きなものをどんどんやりなさい。」と先生方に見守っていただいたお陰で、自由に自分を伸ばすことができた気がします。小さいころから地域医療に貢献したいと考えており、小学校時代に育まれた感じる気持ち、気づく目をもつことが良い仕事につながると思っています。

愛媛大学には、目標とする教授の方々をはじめ、全人格的な教育の環境が整っているので、支えられながら夢の実現へ向けて頑張ることができています。

↑ページの先頭へ