学校法人鶴学園 広島なぎさ中学校・高等学校

教科教育1

教科教育1:21世紀型「高学力」を育てたい

新時代を生き抜く新学力

  • 21世紀型高学力(興味→考察→創造・表現力)
  • 新「高学力」の中核となる力は以下の3つです。
    • (興味)知的好奇心
    • (考察)論理的思考力
    • (創造・表現力)プレゼンテーション力

【国語】 五感を使って書く、話す。それが、なぎさ流。

イメージ

すべての学力の基礎とも言える論理的思考力と”言葉の力”を高めるため、言語分野と文学分野に分類した授業を展開。 「にほんご」では、読む、書く、話すの言語技術を丁寧に指導し、育みます。「ものがたリ」の授業では学年に応じた様々なアプローチで子どもたちを本の世界に誘い、読書力を身につけるとともに、創作や演劇活動に発展し、言葉を通じた深い思考と表現の楽しさを体験します。

【算数】 ねばり強く、そして、しなやかに考え、表現する。

イメージ

確かな計算力、問題解決へのねばり強さ、しなやかな発想、様々な視点変換能力など、優れた数学的思考感覚は高学力に必要な学習のスキルでもあります。 数・量・形についての感覚を五感を使って身につくように授業を展開し、生活に根ざした教材を提供することによって、算数を生活の場(三社会)で活用する力を育てていくのが、なぎさ算数教育の持ち味です。

【理科】 そう、自然から学ぼうよ。

イメージ

本校の理科教育では、身近な自然の現象が教科書となります。なぜ?どうして?不思議な現象の一つひとつに必ずそうなったわけがあります。自然は無言ですが、多くのヒントを私たちに与えてくれます。物事の表面だけではわからないことに出会い、思い切った工夫や粘り強い思考を重ねる。自然に学ぶということは、科学的な見方や考え方を養うことなのです。

【社会】 ぼくらは世界とつながっている~体験、発見、貢献、なぎさじゃけん~

イメージ

「とりあえず記憶する」だけではなく、「自らが体験して得た知識や思考した結果として得た知識」、これが次代を生きる子どもたちに重要な新しい学力の源です。そこから習得する「問題解決能力」と「コミュニケーション(表現)能力」を高めます。 「ぼくらは世界とつながっている」という想いから社会に貢献できるような人への育成まで、広い視野を持った子どもたちを育みます。

< 教員採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

↑ページの先頭へ